奈良で良い家を建てる工務店をお探しなら、子育て家族の注文住宅を建てるシバ・サンホームにお任せください!

シバ・サンホーム

  • イベント情報
  • 無料プレゼント&資料請求
  • お問い合わせ

豊かになる正しい資金計画

  • 家づくりの正しい順番
  • 豊かになる正しい資金計画
  • 家族が仲良くなる間取りの考え方

住宅会社と信頼関係を築いて安心の資金計画をつくろう!

実は、資金計画は相談する相手によって
「総予算が変わる」ということをご存じですか?
金利や返済計画で見せかけの予算が、数百万単位も違ったりします。

もし、何も知らずに高額な資金計画で家を建ててしまったらどうでなるでしょうか?

当然、生活が苦しくなります。
実は、私自身が、かつて「どん底」を経験しました。
だからこそ、お客様には絶対そんな思いは味わってほしくないと思っています。

まずは、無理のない資金計画を
一緒になって考えてくれる住宅会社を探してください。
それが良い家を建てる第一歩になるはずです。

本当に必要? と言ってくれる住宅会社

住宅会社との付き合いが資金計画の第一歩

最近はどの住宅会社に行っても資金計画用のシートなどがあって、それに記入するとおおよその金額がつかめるようになっています。ただ忘れてはいけないのは、家づくりに必要な費用が、家本体の代金と土地代だけではないということです。
実際はそれ以外に、登記の費用や仲介手数料、土地によっては地盤調査や改良の費用、引っ越し代、仮住まいの費用がかかる場合もあるでしょう。それらの諸費用だけでも150万円くらいはかかってきます。
では、シートを埋めておおよその費用がわかれば、それで資金計画が完成したと言えるでしょうか? そういう型通りの資金計画ならインターネットのシミュレーションでも簡単に割り出すことができます。でも、資金計画は人によってまちまちです。なぜ家を建てたいと思ったのか、今の家のどこが不満か、趣味は何か、両親との関係はどうかなど、さまざまな要素が関わってくるものです。
住宅会社はそういうことを一つ一つ聞きながら、最適なプランを提案してくれます。いいことばかり言うとは限りません。「これを選ぶと予算もかかるし、手間も増えますよ。本当に必要ですか?」そう言ってくれる住宅会社とこそ資金計画の話をするべきです。要望をなんでもそのまま聞いてくれる会社は、あなたのことより儲けを重視しているのです。


新生活をとことん想像する

住宅会社と深い関係を築けると、型通りではないその家だけの資金計画が見えてきます。
たとえば、テーブルや食器棚、本棚、テレビ台などは現在使われているものを新居に持って行きますか?家が新築されたのだから、中の家具が全部今までと同じというのはちょっと寂しいですね。では、全部新しいものに変えますか? お金に余裕があるならそれもいいですが、やはり使えるものや思い入れのあるものは残すのが賢明です。どれを残してどれを持って行く、そんな細かい話も住宅会社とする必要があるでしょう。家具は一つ一つ大きさが違うので、新居の部屋の広さに合うかどうかは分かりづらいものです。まだできていない部屋の広さはイメージしづらいでしょうし、そこはやはり住宅会社に聞くのが一番です。家具の大きさなども考慮しながら間取りプランを考えてもらいましょう。それを聞いてくれないような住宅会社なら考え直した方がいいでしょう。

信頼関係からすべては始まる

先に土地を買ってはダメ!

住みたい場所を先に決めてから家づくりを計画する方も少なくないでしょう。しかし、土地は買う前にまず住宅会社に相談することをおすすめします。やはり、使える予算には限りがありますから、家の予算を組む前に土地代をゴソッと引かれてしまうと、家づくりは残った金額で考えるしかないからです。みんなが住みたいと思う人気のある場所は、比較的値段の高い土地が多いでしょう。
もちろん先にいい土地が見つかることもあるでしょう。その際はすぐ買いたいと思っても、まずは住宅会社に相談することをおすすめします。この広さでこの価格は安い! 一般的にはそうかもしれませんが、残った金額でその広い土地に見合う広い家が建てられますか? その土地が地盤調査の結果、改良しなくてはならなくなったら? 家を建てるにはプラスαの予算が必要となってしまうことが多くあります。そして、安いものには安いだけの理由があるものです。
不動産屋は土地のプロではあっても宅地のプロではありません。しかも、不動産屋のお客様は買い主だけではなく売り主でもあるのです。土地を売ってくれる人がいなければ仕事になりませんからね。売り主の手前あまり安くはできないものです。買い主の立場に立ってくれるのは住宅会社だと覚えておいてください。

信頼できる住宅会社なら銀行選びも相談できる

住宅ローンは自分の預金のあるメインバンクで組んだ方がいいのかということをよく聞かれますが、決してそんなことはありません。
銀行の評価基準は、その住宅会社をどう評価しているかによるところが大きいものです。つまり、お客様の金利をどれだけ助けてあげられるかは住宅会社次第と言えます。
住宅会社によっては、どこの銀行に強いかということもあるので、交渉してもらうことも望めます。自営業に強い銀行はここだなとか、公務員に強い銀行はここだな、というように住宅会社の方も把握しているものです。そういう意味でも、やはり銀行選びは住宅会社に相談するのが良いでしょう。しかし、一つの銀行しかすすめてこないようなら、銀行ローンにあまり強くない住宅会社かもしれません。要注意です。
奥様が働きに出ていたり、小さいお子様がいたりするご家族の場合、銀行になかなか足を運べないということもあり得ます。そんなときコンビニで出入金できる銀行なら忙しい奥様は大助かり。そういうことまで考えて銀行選びをしてくれる住宅会社なら安心です。住宅会社が最適な銀行を選んでくれるかどうかは、やはりそこまでの信頼関係を築けているかどうかに関わってくると思います。

ご家族にあったライフプランの一例

30歳マイホーム入手

資金計画を通して住宅会社を見極める

これまで見てきましたように、通り一遍の資金計画であれば、資金計画シートを埋めればできますが、本当に役立つ資金計画は住宅会社との信頼関係から始まると言っても過言ではありません。数字だけを見てこれだけかかりますというのではなく、ちゃんと自分たちの生活を想定してくれているかを見極めることが必要です。
親身になってくれる住宅会社を見つけることが失敗しない資金計画の早道と言えます。
また、資金計画を考える上で必要なものにライフプランがあります。自分たちの将来を想定し、そのときどきにかかる費用を算出して備えておこうというものです。より具体的なリアリティのあるライフプランをつくることが理想ですが、それも住宅会社との相談無しには考えづらいでしょう。
住宅会社との関わりは、家を建てたら終わりではなく、3年後、5年後、10年後もずっと続きます。家づくりの際に、幼稚園児だったお子様が、小学生から中学生へと成長していくのをずっと見ていくわけですから、私たちは“親戚のおっちゃん”のような気持ちで、ご家族がずっと幸せに暮らせる家づくりのお手伝いをしています。だからこそ、そのご家族にはどんなことが想定できるのかを真剣に考え、具体的なライフプランを立てるべきだと思っています。
ご家族も夫婦仲良くし、お子様にはお父さんお母さんが頑張って家を建てている姿を見せてあげてほしいと思います。必ずそういう姿は覚えているものです。

ご家族にあったライフプランの一例

30歳-マイホーム入手

最初に家族みんなが幸せになるにはどういう生活を送ることがいいのかよく考えて。家を建てない方が幸せというケースもある

40歳-子供に手がかからなくなってきたら、奥様はパートに

子育てが終わったわけではないし、仕事との両立は大変。だから、最初から家事がラクな家にしておくと良い。家事動線や掃除のしやすさなど、見栄え重視ではなく家事重視で

50歳-ほぼ10年ごとの車買い替え時期

日々の奥様の買い物を考えると車は2台必要と思いがち。でも、ご主人の通勤に車が必要かよく考えて

60歳-子供の大学 受験/入学

一番お金がかかる時期。慌てることのないように計画的な貯蓄を

65歳-退職金で家をリフォーム

そんなふうにうまくいけばそれに越したことはないですが、今の世の中、定年まで会社にいられるかどうかもわからない。だからこそ、借りられる限度額までローンを組もうなんて思ってはダメ

資金計画を立てる前に

ページの先頭へ